マスクによる皮膚トラブル増えています

2020年6月25日

梅雨真っ盛りで蒸し暑い日が続いています。新型コロナウイルスの感染予防の為のマスク生活が続きマスクによる皮膚トラブルが起こっています。マスクによる蒸れや刺激によりニキビや皮膚炎を生じやすいです。マスクを外した後は肌表面の水分が蒸発するので逆に肌は乾燥しやすいです。汗ばんだ時はこまめに汗を拭きとり保湿を行って下さい。マスク装着部の赤み、痒み、ニキビ生じた時は自己判断で治療せず早めに皮膚科専門医を受診しましょう。

 

 

てらお皮ふ科・アレルギー科クリニック

〒814-0112
福岡県福岡市城南区友丘3-2-10
TEL:092-874-2512

文字サイズの変更