乾燥する季節、アトピー性皮膚炎の方は保湿剤と上手に付き合いましょう

2019年12月20日

乾燥する季節になってきました。アトピー性皮膚炎の患者さんでは乾燥で皮膚炎がひどくなる方もいらっしゃいます。治療外用薬(ステロイド外用薬やプロトピック軟膏)によるアトピー性皮膚炎の皮膚炎コントロールが大切ですが保湿剤による皮膚炎の予防も大切です。保湿剤の剤型は種々あります。その患者さんにあった保湿剤が一番です。治療外用薬や保湿剤も塗るタイミングや回数等、その患者さんによって変わってきます。アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚科専門医を受診され上手にアトピー性皮膚炎と付き合って下さい。

てらお皮ふ科・アレルギー科クリニック

〒814-0112
福岡県福岡市城南区友丘3-2-10
TEL:092-874-2512

文字サイズの変更