保湿剤を塗って体の痒み、赤みが止まらない。それは、乾燥でなく皮膚炎です!!

2018年11月16日

朝晩冷え込み、乾燥する季節になりました。今後、室内も暖房により乾燥も増します。最近、皮膚がカサカサして乾燥で保湿剤を塗っているが全然良くならない、痒いなどの症状で受診される患者様が多いです。そういう場合、このような全身の痒みや赤みは皮膚の乾燥でなく皮膚の炎症(皮膚炎、皮膚湿疹)を起こしている場合が多いです。皮膚炎には保湿剤で逆に悪くなる場合も多く適切なステロイド外用剤などの塗り薬必要です。保湿剤を塗っていても治らない皮膚の乾燥(赤くなったり痒くなったり)は早めに皮膚科専門医を受診して適切な診断・治療・指導を受けましょう。

てらお皮ふ科・アレルギー科クリニック

〒814-0112
福岡県福岡市城南区友丘3-2-10
TEL:092-874-2512

文字サイズの変更