乾燥する季節でアトピー性皮膚炎を悪化させないために

2017年11月4日

朝晩冷え込み乾燥する季節になりました。今後、室内も暖房により一層乾燥しやすくアトピー性皮膚炎が悪くなりやすいです。十分に保湿薬を塗ることでの乾燥予防と並行して乾燥からくる皮膚炎にはステロイド外用薬やプロトピック軟膏で十分に皮膚炎を落ち着かせることが必要です。アトピー性皮膚炎は、すぐに治る病気ではなくうまく上手に付き合う病気です。皮膚炎を乾燥と思い保湿薬を塗り続けることで皮膚炎が悪くなることがあります。皮膚科医でないと乾燥とアトピー性皮膚炎の軽い皮膚炎症状の違いが分からない場合が多いです。当院では外用薬の塗り方や皮膚炎症状について丁寧に指導しております。

てらお皮ふ科・アレルギー科クリニック

〒814-0112
福岡県福岡市城南区友丘3-2-10
TEL:092-874-2512

文字サイズの変更